Letters from Midorikko

ミュンヘン近郊での山・草花・手作りの記録

MENU

Ritterturnier Kaltenberg カルテンベルク中世騎士祭

こんにちは!ぼくミドリッコです。

 

西陽の強さから15時半から20時半まで寝室に避難しているこの頃です。

 

先月、Ritterturnier Kaltenbergカルテンベルク中世騎士祭という13世紀に建てられた古城で開催されているお祭りへ行ってきました。このお城はミュンヘンより西におよそ40㎞離れたLandsberg am Lechランズベルク アム レヒ群に位置していて、現在もバイエルン王国の子孫が住んでいます。この時期になると、ドイツではあちこちで騎士祭が開催されているようですが、今回私が初めて行ったカルテンベルクの騎士祭はとても本格的で、さすが城主健在のもと事細かに中世の暮らしが再現されていました。

f:id:midorikko:20180813004203j:plain

タイムスリップへの入り口。
  • 頭からつま先まで中世

まずお城の門をくぐる前から、中世の雰囲気が漂っていました。

門前には当時の農民と思しき格好をした人たちが行き来し、複数の門番が陽気に門衛をしていました。よく見ると門番の腰には空のビアマグが下がっており、中世時代の人々の仕事っぷりも忠実に再現。

 

門をくぐると、たちまちタイムスリップしたかのような光景。

中世によく食べられていた食べ物のお店、中世に存在した職人たちのお店が立ち並んでいます。

f:id:midorikko:20180813004417j:plain

おもちゃの剣や盾、弓矢を売るお店。

f:id:midorikko:20180813004743j:plain

手作り雑貨も。

f:id:midorikko:20180813004654j:plain

籠職人。

f:id:midorikko:20180813004608j:plain

籐職人。

f:id:midorikko:20180813004709j:plain

石工職人。

f:id:midorikko:20180813004722j:plain

石鹸職人。

他にも宝石細工職人や革職人、陶器職人もいました。

f:id:midorikko:20180813004539j:plain

舞台でショーも。

f:id:midorikko:20180813002331j:plain

騎士や農民全員のパレード。

f:id:midorikko:20180813002332j:plain

ギョウジャニンニクで炒めた豚肉をパンに挟んだものを売る露天。待ってる間にお兄さんが味見させてくれました。

f:id:midorikko:20180813004640j:plain

可愛らしいお団子屋さん。

f:id:midorikko:20180813002245j:plain

中世の蜂蜜ビール。後味がしっかり蜂蜜でとっても美味しい!

f:id:midorikko:20180813002417j:plain

オカリナのお店。縦長の形のオカリナは初めて見ました。
  • 木製アリーナでの迫力満点な騎士ショー

この日のメインイベントである騎士ショー。

本物の俳優たちがアリーナ中を駆け巡って戦いを繰り広げます。戦いの場面は夢中になっていたため一枚も写真に収めることができませんでしたが、きちんとストーリーもあって引き込まれていきました。途中、花火などのアトラクションもあって見応えがあります。

f:id:midorikko:20180813002414j:plain

お城のプリンセスが華麗な馬術を披露。

f:id:midorikko:20180813002408j:plain

王様が王様席から見物。
  • 中世のはなし言葉

迫力満点の素晴らしいショーのハッピーエンドを見終えたあとは、温かい飲み物を求めてまた露店通りへ。ショーの途中に降り始めた雨は勢いを増すばかりで、私が履いていた防水ズボンはただのズボンと化してしまいました。

さて、温かいお茶を露店で買うために中世風のお兄さんに注文したところ「会計4ターラーだよ」と言われ「ターラー?」と不思議に思いながらもそのまま4ユーロ支払いました。あとで聞いたところによると、このターラーは昔の通過単位のことをいっていたようです。これ以外に、メニュー表記も使う単語も中世ドイツ語だったり、チップをもらったときには「Jubel!ユーベル!(歓喜)」と叫んだり、衣装だけでなくはなし言葉まで再現していて、この徹底ぶりに脱帽です。

 

露店で働く人もショーの俳優も、このお祭り期間中はお城の敷地内に建てた中世風テントで寝泊まりしているようで、寝る支度をするために奥から毛皮を取り出す様子も見られました。

温かくて甘いお茶を飲んですっかり暖まった後は、小雨の振る中松明の薄明かりに照らされた露店通りをもう一周してから家路に着きました。

 

来年はコスチュームを取り揃えて、中世の一市民としてユーベル!と叫ぼうかなぁ…

f:id:midorikko:20180813002423j:plain

紅茶と薔薇茶。薔薇茶は酸味が効いていて美味しい!

 

Frankfurt am Main ハローグッバイ フランクフルト

こんにちは!ぼくミドリッコです。

 

4月、友達を訪ねてフランクフルトへ一人遊びに行ってきました。

以前その友達を訪ねにフランクフルトへ行ったときは、冬真っ只中の2月で街歩きがそれほどできず、家でボードゲームをして遊んだのが良い思い出ですが、今回はちょうど暑くなり始めた4月に訪問したので、思う存分フランクフルトを満喫してきました。

 

フランクフルトは欧州中央銀行やドイツ銀行、コメルツ銀行などのメガバンクを抱えるドイツの金融都市としてとても有名ですが、逆を言えばそれだけしかなく観光スポットがさほど無いのも事実です。でも緑も街も程よくあって、友達のいう通り「ドイツ中都市の住み心地の良さ」がありました。

 

まず街の中心だというのに憩いの場としての大きな公園がありました。

f:id:midorikko:20180802224154j:plain

ドイツのマンハッタン”マインハッタン”

f:id:midorikko:20180802224157j:plain

可愛い標識。

親子やカップルだけでなく、ここではハリネズミもボール遊びをしているようです。

 

自転車でサイクリングへ繰り出せば、すぐに田園地帯。

農場内にある有機栽培食材のみを使ったレストランでお昼ご飯。

f:id:midorikko:20180802224022j:plain

ちょっと自転車で足を伸ばせばすぐに牧歌的風景。

f:id:midorikko:20180802223951j:plain

有機栽培食材のみを使ったレストラン。

ヌートリアものんびり日向ぼっこしています。

f:id:midorikko:20180802223939j:plain

ヌートリアも日向ぼっこ。

そして、ドイツはフランクフルトにはこの人なしに独文学は語れない「ゲーテ」Johan Wolfgang von Goethe の生家があります。

f:id:midorikko:20180802224127j:plain

ゲーテが生まれた部屋。

f:id:midorikko:20180802225829j:plain

ゲーテ家の図書室。

f:id:midorikko:20180802225846j:plain

絵画展示室から図書室を望む。

f:id:midorikko:20180802224113j:plain

ゲーテ最期の言葉、"Mehr Licht! もっと光を!"を思い出します。

f:id:midorikko:20180802224050j:plain

こちらは女中のお部屋から図書室まで。

f:id:midorikko:20180802230227j:plain

調度品がとっても可愛らしい。

f:id:midorikko:20180802230401j:plain

f:id:midorikko:20180802224017j:plain

ゲーテ妹のお部屋。

f:id:midorikko:20180802224121j:plain

この階段をゲーテが上り下りしていたと思うと感慨深い。

木造の美しい家づくりや可愛らしい調度品だけでなく、あれこれゲーテの姿を想像しながら見て回るのはなんだか不思議で楽しいものでした。

フランクフルトで自転車を漕いで、友達と餃子を作って、ゲーテを訪ねて、フランクフルトを好きになりかけた矢先、友達が今月フランクフルトからベルリンへ引っ越すことが決まってしましました。もう用事が無い限りフランクフルトへは行くことはないかなぁと思っていたら、また別の友達が今度は日本からフランクフルトへ引っ越すことが決まったようで、またフランクフルトへ行く口実ができました。

 

f:id:midorikko:20180802233401j:plain

でも、フランクフルト云々というよりは友達とお茶したり食事したりしながら、日々のドイツ生活で思うこと気づいたことを話したり、日本語で思う存分とりとめのないことを喋る時間が一番楽しかったなぁ。

 

 

 

Hitzefrei 暑さのためお休み致します

こんにちは!ぼくミドリッコです。

 

いよいよ8月に入り、ドイツの学校も先週あたりから夏休みに突入するなど、夏休みムードが本格化してきました。仕事場でも同僚たちが交代で二週間くらいごっそり休暇をとりはじめ、ドイツが誇る素晴らしい休暇システムが有効活用されているのを目の当たりにしています。

 

ここ数日、ミュンヘン近郊も35度超え続き。

さすがに暑い!日本に比べて湿度が低い分なんのそのと思って過ごしていると、軽く熱中症気味になるほど。日差しも強く、日中出回っただけでヘトヘトに…

そのため、最近は近所の湖へ泳ぎにいって涼を取っています。

 

しかし、ドイツは"Hitzefrei"(暑さ休み)というもうひとつ素晴らしいシステムがあり、学校などの室内気温が25度以上になると、学校がお休みになるのです。

「そんなに暑い時に勉強したって集中できないんだから、暑い時はお休みにしちゃおう」というこの発想。

 

暑さ、寒さ、辛さを「我慢してこそ」「頑張ってこそ」「克服してこそ」人はさらに進化できるんだ!と生徒たちに教えていた高校時代の英語教師に今こそこのシステムを教えてあげなければ!当時17歳だった私はこの英語教師の主張が全く好きになれず、意見書を書いたり課外授業をボイコットしたりしていた割には、影でこの教師のモノマネばかりしていました。(好きと嫌いの同居)高校で叩き込まれる「頑張ること」は、直接的には進学校だった母校の公立大学進学率を上げるため以外の何物でもなかったはずですが、後々考えてみると、働くようになった時に仕事を一人で抱え込んでしまったり、助けを求める術がわからなかったりと最悪の場合過労死の原因の一つにもなりかねないのでは、とふと思いました。

「ちょっとさぼったろ」「ボイコットしたろ」「眠いし寝とこ〜」

という発想を持って反発する子はもういないのか、それともいわゆる悟り世代は労力対効果を先に考えて反発することもなくなったのか…

サボることは責任が伴うということをサボってみて初めて経験できます。

 

生きていれば、暑い寒いは誰でも感じるし、疲れたら休みたいのは皆共通。

それを押してまで無理をして成し遂げた成果や勝ち得た利益は、確かに記録には残るけれど、そのために常に誰かが皺寄せを一手に受け止めなければならない意味…

 

「休む時は皆休もうよ!」

は遡ればキリスト教の教えに端を発するので、「休む文化」の歴史がそもそも日本と大きく違いますが、心身共に健やかに過ごすためにちょっと取り入れてみるのもいいかもしれません。

 

ただ日本でそれが取り入れられるまでは、まだまだ時間がかかると思われるのでそれまで私がサボりを最大限に体現し続けていこう思います。

f:id:midorikko:20180802222100j:plain

サボりたいときは、湖へ行ってひと泳ぎ。

f:id:midorikko:20180802222049j:plain

泳ぎの練習を頑張る鴨親子を尻目にさらにサボります。

f:id:midorikko:20180802222112j:plain

サボってお腹が空いたら腹ごしらえに鯖の丸焼き。

f:id:midorikko:20180802222126j:plain

サボりのお供はビール。

f:id:midorikko:20180802222045j:plain

サボり疲れたら家に帰って宿題して寝よう。






 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fürstenfelder Gartentage フュルステンフェルドの庭の日

こんにちは!ぼくミドリッコです。

ここ二日間ほど土砂降り続きのミュンヘン近郊です。

涼しいを通り越してちよっと寒いくらいです。

一昨日の晩に行ってきた中世お城祭りでは中世騎士ショーの最中に雨が降り始めたので、リュックに入れておいた防水ズボンを素早く履き上下完全防水で観覧していたものの、さすがに長時間雨に打たれると凍えてしまいました。その一方で、今日日本では熊谷市で気温40度と最高記録を更新したようで、地球温暖化の影響をひしひしと感じるこの頃です。

 

そこで本日は先月6月に行ってきた「お庭デー」をご紹介。

 

お庭デーとはガーデニングに関わる一切合切のメッセのようなもので花屋、植木屋、造園アーティストがそれぞれの作品、商品をテントで販売しています。

開催された場所は、ミュンヘンから25キロ電車で30分ほど離れたところにあるフュルステンフェルド修道院。バロック様式のとても大きくかつ綺麗な修道院で、バイエルン王国のヴィッテルスバッハ家との縁がとても深いんだそう。

f:id:midorikko:20180723200745j:plain

Kloster Fürstenfeld フュルステンフェルド修道院

f:id:midorikko:20180723200931j:plain

敷地もとても広くて人々が憩っています。

f:id:midorikko:20180723204946j:plain

もちろん、修道院の中でもビールで乾杯です。昔は修道院でビールが醸造されていたので大きな修道院はどこも現在でも醸造所を持っています。

f:id:midorikko:20180723204945j:plain

会場内はお花と緑でいっぱい!

f:id:midorikko:20180723200830j:plain

満開のPfingstrose芍薬の花が会場を彩ります。

f:id:midorikko:20180723200951j:plain

日本の盆栽も。

f:id:midorikko:20180723205000j:plain

小花を押し花にしてキャンドルに貼り付けたフローリストの作品も素敵。

f:id:midorikko:20180723205013j:plain

子ども達にはロープを使った木登り体験コーナーも。お庭に始まり自然と触れ合うという発想。

私はベランダ菜園のためのハーブと食虫植物を。

今はこの食虫植物のBrunhildeブルンヒルデが私の日々の友達です。

f:id:midorikko:20180723200857j:plain

5種のハーブ(ローズマリー、タイム、セイジ、バジル、パクチー)と食虫植物のハエトリグサを購入。

ドイツ人にとって、お庭はとても大事。

日々の生活の中で四季折々の草花を愛でるためというのはもちろんですが、それだけだなくハーブや野菜を育てて日々の食生活を自分でアレンジするということがポイント。ドイツ人にとってはお庭を含めてはじめて「お家」=「生活空間デザイン」といったところでしょうか。

そこに現れるセンスやこだわりポイントは様々で、近所をお散歩しながらそれぞれのお庭を眺めてみるだけでもそのお家に住まう人の顔が浮かんできます。

 

ドイツ人ご婦人との会話からもお庭がいかに生活の中で大きな位置を占めているか分かります。

「わたし、今度の土曜日はダメなの、お庭のお花の植え替えしなきゃいけないの」

「あらあなた、ちょっと待って!帰る前にうちのお庭のバラを何本か切って持っていかない?」

「こんなにお天気がいいとお庭の水やりが大変よ〜」

「今、うちのお庭の紫陽花も満開よ」

「ご近所のカタツムリがうちのお庭にも来て、葉っぱを食べ荒らしてるのよ〜まったく」

「こんなに雨が降り続けたら、私のお庭のお花が溺れてしまうわ」

 

地球温暖化の話になると、必ずといっていいほどプラスチック製品の話、アメリカのトランプ大統領の話、中国や日本の過剰包装の話、そして排ガスにはじまる一連のドイツ自動車メーカーの排ガス事件の話といったトピックが次々に出てきますが、こんなにも溢れるお庭への愛があれば、地球も自分のお庭と捉えてみる方法もあるのかも?

 

 

Der Lenz ist da! 春爛漫!からの夏 〜5月編~

 こんにちは!ぼくミドリッコです。

 

昨晩はMichael Patrick Kellyというシンガーのコンサートに行ってきました。会場が暑すぎてみなさん汗だくサウナ。でもとてもええ声でした。

 

さて、昨日に引き続き今日は5月編です。

 

  • 初めての薔薇の国ブルガリア!ブルガリア第三の都市バルナへ旅行

ブルガリアといえば、琴欧洲関の故郷。

そして北にドナウ川を越えてルーマニア、南にトルコとギリシャ、西にセルビアとギリシャをのぞむ土地面積が日本の4分の1の大きさの国。今回は首都ソフィアでなく、黒海沿岸の第三の都市バルナの旅行記です。

f:id:midorikko:20180710171015j:plain

バルナ空港の外観はカラフル。

f:id:midorikko:20180710171030j:plain

まずは両替から。通貨は「レフ」1レフ=およそ50セント。

f:id:midorikko:20180710171023j:plain

ブルガリアのおビールは程よい苦味で美味しい。



さて、ここからはお魚天国バルナの美味しい海鮮たち。

ミュンヘンで抱いていたお魚への憧憬がここで思いっきりはじけます。

f:id:midorikko:20180710171044j:plain

海老ちゃん〜と言いながら食べた海老ちゃん。

f:id:midorikko:20180710171039j:plain

鯛の一種の丸焼。

f:id:midorikko:20180710171056j:plain

付け合せはオリーブオイルたっぷりの焼き野菜。

f:id:midorikko:20180710171109j:plain

たっぷりバターでソテーされた山盛りムール貝。

f:id:midorikko:20180710171208j:plain

ミュンヘンではまず食べられない山盛りキビナゴフライ。

f:id:midorikko:20180712162842j:plain

f:id:midorikko:20180710171306j:plain

 

長きに渡って旧ソ連の衛星国家だったブルガリアは経済的に豊かな国ではなく、特にバルナは夏の観光産業で成り立っている街ですが、実際の様子はというとローマ時代の浴場遺跡が街中にそのまま残っていて、そこで猫の親子が寛いでいたりカモメが門番をしていたりと、なんだかとてもゆったりした時間が流れていました。ところどころ廃墟のまま手を付けられていない建物や舗装が壊れたままの歩道があるものの、そんなの気にしないという風にそれぞれが日々を楽しんでいるように見えました。
何よりバルナの野良猫たちの綺麗なこと。きっと、美味しいお魚を食べて公園でゆっくり生活しているんだろうなあ。(猫になりたい)

 

f:id:midorikko:20180710171312j:plain

バルナ市内の公園にある写真スポット。

f:id:midorikko:20180710171336j:plain

黒海を臨むカフェ。

f:id:midorikko:20180710171121j:plain

ブルガリア正教会の教会はお花に囲まれて。

f:id:midorikko:20180710171225j:plain

植物園にも行ってみました。

f:id:midorikko:20180710171243j:plain

f:id:midorikko:20180710171042j:plain

店員の女性が丁寧に解説してくれたのでローズウォーターと香水を。

f:id:midorikko:20180710171125j:plain

夕方のビーチ。


宿泊したホテルが黒海のすぐそばだったので、最終日には朝日を見に行ってきました。

海の向こうはもうアジア。少し故郷日本に近づいた気がします。

f:id:midorikko:20180710171251j:plain

旧東ドイツの人たちは、夏になると休暇を過ごしにブルガリアに来ていたそう。

そのためブルガリアでは英語よりもドイツ語を解す人も多く、看板表記などもブルガリア語の次にドイツ語、英語、ロシア語の順番。また、リタイアしたドイツ人はここブルガリアへ移住してブルガリア人ヘルパーさんを雇って老後を過ごす人も多いそう。

また反対に、仕事がないブルガリアからドイツへ渡るブルガリア人の若者も多く、帰りの飛行機で同乗したブルガリア人男性は、ミュンヘンに着くと奥さんと子どもの出迎えを受けていました。おそらく家族全員でミュンヘンへ移住して、お父さんだけ一時帰国していたようです。

リタイアしたドイツ人はブルガリアへ、仕事を求める若いブルガリア人たちはドイツへ。

美味しいお魚を食べて、猫に憧れて、ヨーロッパの格差を少しだけ垣間見た旅でした。

f:id:midorikko:20180712162736j:plain






 

 

 

 

 

Der Lenz ist da! 春爛漫!からの夏〜4月編〜

 こんにちは!ぼくミドリッコです。

 

あれよあれよという間に、長くて暗い冬が終わり春がやってきました。

そして気づけば6月もあっという間に過ぎ、7月に…

 

4月からの3ヶ月間はというと、主に山登り、サイクリング、裁縫、山登り、サイクリング、絵描き、ときどき職探しとインドア派でありながらも主に野外スポーツに明け暮れていました。

毎週末、お天気がいいと「何か太陽を浴びることをしなければ」と謎の強迫観念に駆られ、時にはミュンヘン市内まで往復50キロのサイクリングをするなど、なかなか健康的(かつ経済的)に過ごしておりました。雨が少なく、日照りが続いたので植物の水やりが大変な時期もありましたが、無事に恵の雨も降り今ではサイクリング途中に見かける飼料用のとうもろこしも高さ2メートルほどにまで育ちたわわに実っています。

 

今日は4月の主だった出来事を写真でお送りしてみます。

 

  • なんといっても待ちに待ったアスパラガスSpargel解禁

今シーズンは何回食べれるかなと期待を膨らませながら、スーパーや市場で立派な白・緑の両アスパラガスに出会うたびに念入りに選定しました。

白アスパラを王道のオランデーズソースでーキノアとハムと共にー

緑アスパラはシンプルにソテーでーサラダとエリンギ、カレー風ピラフを添えてー

白アスパラの先端部分のみのオランデーズソースがけ。この組み合わせはもはや結婚している。ーサラダとブロッコリーの肉味噌和えは仲人役ー

今シーズンの締めは、白アスパラの炊き込み御飯。お出汁と炊くだけーお米の旨味とアスパラの甘みの抱擁ー

これ以外にも出先やお母たまのお家でご馳走になるなど、今シーズンは計6回ほど頂くことが出来ました。
 

  • 春爛漫、花満開

どこを歩いても色とりどりの美しい花々に気分も爛漫。

旧市街のお城のお庭。

チューリップからポピーやら蜜蜂まで

f:id:midorikko:20180709174129j:plain

上品で美しい藤も咲いていました。私が藤のために藤棚を作ってあげることができたなら…


やはり色彩が生活の色も豊かにしてくれます。日が長くなって活動時間も延びると自由時間が増えて生活も充実しますね。

 

引き続き、次回は5月編をお送りしてみたいと思います。
 

Was ist denn überhaupt "Selbstständige"? フリーランスについて考える

こんにちは!ぼくミドリッコです。

 

突然ですが最近、とても頻繁に耳にするようになった言葉「フリーランス」。

それも、ここドイツで日本人の口からネットを通じてこの単語を聞く頻度が増してきました。

というのも、なんでもBerlinへワーホリビザで来てそのまま「フリーランスビザ」なるものへと切り替えそのままドイツ滞在する若者が増えてきているんだとか。

 

はて、でもどんな仕事をするんだろう?というのが私の最初の疑問。

フリーランスといえば、自ら仕事を取りに行ってクライアントを増やしていくという手法。そして異国の地で日本人であることを生かすには、やっぱり日独通訳…?と単純に考えていましたが、実際は違うようです。

  • 日⇄英通訳および翻訳業
  • ほぼデジタルネイティヴの若者たちが得意とするSNSを使った宣伝サービスの提供
  • スマートフォンアプリやホームページを作成するエンジニアリング業
  • ネット記事のライター業

つまり、

若い!デジタル得意!英語は取り敢えず堪能!ブログとツイッターめっちゃしてはる!

が私のフリーランサーへのイメージでしたが、実際は語学を活かしたものから執筆業、そしてエンジニアとして等などジャンルは多岐に及んでいるにも関わらず、Berlinのような国際都市はドイツ語が出来なくても英語が出来れば仕事ができてしまうんですね。まずその点にびっくり。ともあれ単発で依頼を受けてお仕事するというスタイルはそれはそれは大変なお仕事なんじゃないかと感心してしまいます。そしてこうした所謂フリーランサーたちは、必ずしも日本の会社でバリバリ働いてきた経験を持っているわけでもなく、新卒で来ている子もいれば外資系で数年働いていて英語はもともと得意だから外国へ行ってみようという子もいるようです。

フリーランサーを目指したきっかけもまた人それぞれ様々なようですが、彼らの職業技とも言えるSNS、主にブログやツイッターを拝見していてひとつだけ気付いたことは、やってることが「先進的で画期的なのか徒然日記なのか正直分からない」です。

 

この二つの境目が分からない理由は大きく二つあって、まず一つ目は彼らが外国へ出てきて初めて「人生を営む」ということを身をもって実感し自分の人生について考えていること。そんなツイートが多いような気がします。

「それ日本で一度も感じたり考えたりしなかったの?」という疑問がまず浮かばなくもないのですが、やはりこれも「エスカレーター式日本教育」の遺産なのかなと思います。

最近誰もかれもが大学へ行く日本では、大学の提示する「偏差値」に合わせて大学を選び、取り敢えず進学します。4年間で何を得たか分からないままベルトコンベアーに乗ってそのまま就職。就職すれば日々を送るのに忙しくなり、ふと立ち止まって自分の人生について考える暇なんてありません。そんな時に大きな「大変革」を起こして外国へいき、日ごろ忘れていた人生の営みを取り戻すというような図式が窺えます。

 

さらに二つ目の理由は、彼らの生業とするSNSの類が仕事とプライベートの出来事全てを公に明かしており、これは???と思えるものがちらほらあるからです。しかし、一見徒然日記に見える公私同居型SNSがなんとSNS上でコネクションの構築に役立ったり、最終的には直接仕事に繋がってきたりと結果を生んでいるようなのでこれ不思議。

徒然日記なんて言っていたら怒られそうです。

  

フリーランサーの中にはホリエモンを超える!と豪語する威勢のいい女の子から、こんな大人しそうな子がガタイのいいドイツ人たちの中で大丈夫かしらと私の老婆心を萌芽させてくれる華奢な子もいて、実際のところ彼らの行く末が楽しみでもあります。若者たちの新しい働き方とその活躍ぶりを自宅警備の傍ら私も引き続き追っていきたいと思います。

f:id:midorikko:20180404174151j:plain